【本の正しい保管方法】良い状態を保つための6つのコツ

買取王子
古本マンガDVDCDゲーム家電スマホデジタルカメラパソコン楽器ホビー
フィギュアスポーツブランド品金・プラチナファッション腕時計ホーム&キッチン
古本・漫画を宅配買取

良い状態を保つための6つのコツ

1.本棚にぎゅうぎゅうに詰めない

本が増えてきたとき、あと一冊くらい入るんじゃないかと本棚の本をぐっと横に押しやって隙間を作ったことはありませんか?
無理な保管は出し入れの際に表紙を痛めやすくなります。
両手を使わなければ本が出せないのは、詰め過ぎです。
片手で出し入れができる程度に余裕を持たせましょう。

2.基本は立てて保管

平積みでの保管は、長時間放置すると徐々に歪んできてしまいます。
商品の輸送時には縦からの衝撃が強い平積みを推薦しますが、保管の際は基本的に立てて保管しましょう。
また、本棚で中途半端に傾けた状態での保管も、型崩れの原因となります。
ブックエンド等で幅を調整して下さい。

3.直射日光に当てない

本は紙なので、日光に長時間あたると日焼けしやすいです。
窓際などは避けて、日に当たらない場所で保管しましょう。
どうしても難しい場合は、UVカットのシートやカーテンを利用しましょう。

4.湿気が多いところは避ける

本はカビが生えます。
結露の多い窓際や、湿度の高すぎる部屋での保管は避けましょう。
物置部屋に保管している場合は、定期的に風をとおすなどして通気して下さい。

5.飲食しながらの使用を避ける

基本的なことですが、飲食しながら本を読むのは、本に大きなダメージを与えます。
シミや食べかすはもちろんですが、指に油分がついたまま触っていると、徐々に大きな汚れと変わります。

早く売るのがベスト

以上が、本を良い状態に保つ方法です。

しかし、、、
これらの方法はあくまでも本が「傷むのを遅らせる方法」であり、
「現状を永遠に維持する方法」ではありません。

紙の本はどれだけ保管に気を使っても、性質上、遅かれ早かれ必ず劣化します。


その為、一番賢いのは早く売ることです。

部屋の片隅にダンボールを一箱用意しておいて、一箱溜まったら、その都度宅配買取に配送すれば、
部屋が膨れることもなく、最良のコンディションで現金に変えることができます。

送料も無料なので、細かく送っても経費はかかりません。

是非とも買取王子を利用して、本の出入りの良いサイクルをつくって下さい。



買取を申し込む



買取王子はラクチン便利な宅配買取サービス。漫画や古本など高価買取ます!

愛知県公安委員会古物許可証番号 第542520A52400号 株式会社ティーバイティー